Person

2015.12.20

『曽根譲司 アタゴールオーナーシェフ』

青い電車のレストラン

アタゴール

“どこまで行けるか、自分自身で確かめたい”

地元が東京、小岩だった曽村シェフの幼少時代。

江戸川をイカダで渡り、

どこまで行けるか挑戦して遊ぶ冒険家だったそうです。

ホテルオークラ入社後、

オークラが派遣する

駐ベルギー日本大使公邸料理人に選ばれ渡欧。

“星付き有名店でフランス料理を学ぶのではなく、

郷土料理なども含めた

幅広いフランス料理の理解を深めたい”

大使の定年退官に伴い一度は帰国したが、

その想いを実現すべく、

オリエント急行の料理人となります。

オリエント急行のフランス料理は、

風景も料理の一部。

車窓から見える風景に合った郷土の味を盛り込みます。

日本人シェフとして

国籍や文化の違う料理人と一緒に

フランス料理と向き合う日々。

イスラム教で豚肉が触れない料理人に

魚のさばき方を教える日もあれば、

牛を神聖視するヒンズー教の料理人から

スパイスの使い方を学ぶ日もありましたね

アプローチ方法は無限大。

オリエント急行での経験は

フランス料理の引き出しを増やしていった。

そんな曽村シェフは自分の強みを知っている。

“オリエント急行での経験が自分の売り”

スポンサーを持たないオーナーシェフとして

「自分にしか出来ない」店を目指し、

JR東日本に直談判。

実際使われていた寝台列車を

木場に移設し

アタゴール・オリエントエクスプレスを開いた。

下町文化息づく木場には外国の方も多く住み、

オリンピック開催に向け開発も進んでいる。

曽村シェフの冒険は

イカダから

アタゴール・オリエントエクスプレスへ乗り換えて、

可能性広がる木場と共に続いていく。

Photo : miu、満石豊
writing : 華子

A ta gueule(アタゴール)

http://www.atagueule.com/

03-5809-9799

江東区木場3-19-8
東京メトロ東西線
木場駅3番出口より徒歩3分

営業時間
LUNCH   11:30 ~ 13:30(L.O)
DINNER 17:30 ~ 21:30(L.O)
定休日
毎週火曜日

東京深川写真倶楽部では

深川で活躍している人の

インタビュー取材を募集しています

http://www.tokyo-fukagawa-photo.com/contact

facebookページができました

よかったら いいね!していただけると
とても嬉しいです

https://www.facebook.com/fukagawa.photo